推薦状、Letters of Recommendation、References① 〜まとめてくれや。〜

はい、こんばんは。

 

今日は推薦状、Letters of Recommendation、Referencesのお話をします。

エージェント曰く、TOEFLやIELTS、GMATのスコアなどはあくまで足切りとして使うものであって、評価の大きなウェイトを占めるのは、志望動機とこの推薦状、Letters of Recommendation、References(長いよね!やめます)だそうです。

 

なので、いま学部生で大学院留学を考えている方はゼミ教授や、外国人の教授と仲良くなっておいた方が良いと思います。本当に勉学が楽しくて大教室でも一番前で受けるよう人だったら容易いかもしれませんが、僕みたいなミーハー野郎にとっては、意外と緊張してしまうんですよね。。

 

そんなん後で思い返せばちっちゃいことだから話しかけておくべきっす

 

推薦者と枚数

大学院によりますが、基本的に推薦状は2枚提出を求めるパターンが主流だと思います。特にMBAなんかは、1つが職場から、もう一つが教授からみたいに指定されるっぽいので気をつけないとですね。

 

わい、推薦者と枚数

私の志望プログラムは、

ビジネススクールのMaster in ManagementもしくはMaster in Finance

国はUKを中心とした欧州諸国

ですので、推薦状は2枚ですが推薦者の指定はありません。

 

幸いにも、私は所属しているゼミ教授がアメリカ人で、イギリスの大学院出身なので、非常にスムースに推薦状の依頼が進みました。

また、2枚目に関しても海外での半年間のインターン経験(戦略アドバイザリー的な)があったのでそこの上司に御願いすることが出来ました。

 

2方は、対照的で私と浅く長く、深く短く、そして大学と企業と異なったフィールドなので私の性格をバラエティよく書いて頂けると信じています。(願ってないで行動しろ)

 

ネック

全出願校に提出する必要がある→推薦者に迷惑を掛ける。。

これがやばい。いまだにどう手順を踏んでいいか分からん。自分で推薦状を修正加筆して出す人もいるし、全面的にお願いする人もいるし。。これについては考えないといけないなあ。

 

So, it is a bit too long post though i hope i can proceed and meet all the requirements in time.. smh..

see you!